**
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)  sub :: スポンサーサイト*  スポンサー広告*

 
Mini Board
 NAME
 URL


パスワード 
[管理者に秘密文書送信→チェック]  
Comment

投稿不可 ┘

Trackback

送信不可 ┘

Category  
Archive  
Search
2010年4月24日(土)


画像-0002
マミー作「メロンパン」


2010年4月23日(金)
先日、懐かしい音を聞いた。それはブラスバンドが練習する音。ある高校の近くを通りかかったら聞こえてきたの。ブラスバンド、TVなんかで聞いたりするけど、生音って高校卒業以来かも。しかも、校舎から聞こえて来る生の練習の音って・・・。なんだかノスタルジックな気分になった。

駒沢-0010 画像-0001 画像-0009 駒沢-0011


2010年4月21日(水)
月曜日、王家衛の「マイ・ブルーベリー・ナイト」(だっけ?)を見た。前から色んな意味で気にはなっていたけど、感想は「ふ~ん」。エンドロールよく見てないけど、ウィリアム・チャンとドイルも加わっているのかな?ウィリアム・チャンは多分、参加してるだろうな。でも、見てると王家衛の過去の作品の焼き直しというかセルフカヴァー&ベストって感じで、どこかで見たこと有るシーンの連続。ハリウッドは過去作品を知らないと思ってるのかなぁ?ちょっとパロディにも思えてきた。ジョン・ウーの「MI2」もそんなとこあったけどね。王家衛作品を知ってると、ここはブエ、ここは欲望、ここは花様年華のあのシーンみたいに思ってしまう。でも、まったくそうなんだもん。「2046」で王家衛ももう新しい作品は無理なのかぁと思ったけど、この作品を見る限りはその意見は変らなかった。だって、前半は本当にカメラアングルから小道具から場面設定から「ブエノスアイレス」まんまって感じで。出演はノラ・ジョーンズとジュード・ロウ。なんとなく分かる。ノラは使ってみたかったんだろうな。ジュード・ロウに関しては「ふ~ん、そうかぁ。なるほど~」とちょっとニヤニヤ。なんか分り易いというか・・・。きっとそう思った人も少なくないんじゃないかな?出演キャラも見てると、これはトニー・レオン?レスリーじゃないよね。これは、チャーリー・ヤン?それとも金城くん?みたいに香港俳優達に置き換えて見てしまったり。相変わらず孤独な人達の彷徨う映画で・・・。「欲望」は好きだし「東邪西毒」もいい作品だと思うし「天使の涙」は衝撃だったけど・・・他はねぇ。や~っぱり私は日本では持ち上げられ過ぎの様な気もするし、王家衛のやり方も「う~ん」だし、あんまり評価できないなぁ。音楽の使い方は好みだけどね。


2010年4月19日(月)


画像-0006
マミー作「ハム ベーコンパン&ソーセージパン」

本日、マミーからの救済ボックスが届いた。受け取る時宅配便のお兄さんが「重いですよ」と注意されるくらい、ずっしり。中身は相変わらずの生もの。私は「お茶とらっきょうとお米少し送って」とだけ言ってたんだけど・・・。お茶はねぇ、どんなお茶より「八女茶」が一番!静岡出身の友人も美味しい~!と言うくらい。なかなかこっちで手に入らないのでいつも送って貰う。本当に美味しい~。甘過ぎず渋過ぎず濃くて深い味わい。なかなかないんだなぁ、こういう味。らっきょうはマミー作。一年に一度、送って貰います。そして、お米。これは実家が注文している農家直販のもの。これは去年年末はじめて送って貰ったのだけど、注文したその日に精米して持ってきてくれるということ。このお米が又、美味しい~~~~!!炊いたらぴっかぴっかのふわふわ。ちょっとでいいよって言ってたのに送ってきたのは4kg。本当は5kg送ろうとしてシスに止められたらしい(爆)。そして、いつも通りパンや生モノ(干物やお惣菜10種類以上)、おまけに家の庭になってたというデカいハッサク3個・・・そりゃ重いわけだ。でも、美味しかったよ、有難う。愛が練り込まれたパンにも感謝してます(笑)。

画像-0008 画像-0003 画像-0004
私作「ビーフシチュー」との親子コラボ


2010年4月18日(日)
今日、NHK教育の「ハーバード白熱教室」を見てたら、あれ?見たことある様な顔が・・・。ディベート中の青年の後ろにいるのは、Tay?なハズないんだけどよく似た北欧系の美少女(だよね?)が。大学だから10代と言っても17歳以上じゃないかとは思うけど、他の人達に比べると幼い感じでヘアースタイルも着ている服も13歳くらいの時のTayにそっくり~。Tayは芸能人の中でもかなりの「美少女」だったけど、ハーバードにもこんな美少女がいるのねぇ(って、美少年だったら素敵)。この「ハーバード白熱教室」先週から見始めたのだけど、ハーバード大学の実際の政治哲学の講義をまんま中継放送してるの。こういうTV中継講義、ピアノの講義とか語学留学プログラムのものは見たことあったけど、ハーバードとは。毎回ひとつのテーマについて(アメリカ人お得意の?)ディベートみたいなことやってるんだけど、かなりの人気の講座らしくて講堂みたいなところでやってるの、びっくり~。でも、確かに面白い。教授がね、いいの。偉ぶった感じがないしユーモアのセンスも品もあって、好感が持てる。あぁいう人の授業だったら受けて見たいな、って感じ。ま、受けることはないだろうし、受けれるハズもないけど(笑)。ハーバード大学って、アメリカの歴史より古いらしい。そうなんだ~、知らなかった~。

画像-0008 画像-0007 画像-0010
Tay?!


2010年4月17日(土)

画像-01 画像-0002
JR浜松町駅にいた子


2010年4月16日(金)
夢の話の続き。ふと思ったことは、夢の中で私はいつも「私」だってこと。覚えてる限り、自分が他の人物や違うものになって登場することはまずない。自分が戦国時代の人物になって登場したりするので、それが自分の前世かも、と言う人もいるけど、私は自分としてしか登場しない。だから、性格も考え方も行動も自分のまま。普段の自分が夢の中に出て来る感じでそのまま反映されている。でも、それは分かるわけ。だって、夢って自分の無意識の中にある意識が表面化してるって言われるし。潜在意識だよね。それは納得。なんだけど、じゃ他の登場人物は?って思ったのんだよね。この間の夢に出て来た男の子。あれは誰の意識だろう?まるで普通に初めて会った人物みたいに、私に話しかけて来るんだよね。あれも私の潜在意識が作り出してるの?あの会話の内容も?じゃぁさ、一緒に宇宙に行ったお猿さんとか、私を追いかけて来た丸坊主のヤクザとか、お年玉を盗りに来る沢山の獅子舞も?夢の中で阿旭が言ったことも?私と会話している相手の台詞や反応も、私の潜在意識が作り出すもの?ってことは「自演」みたいなもんだよね。それってちょっと怖いかも。で、ふと思ったんだけど、もしかして私以外の登場人物もどこかにいて、私と同じ夢を見てたりしてるとしたら?相手は私が誰か分からないけど、夢で私と会話してるわけよ。つまり、私たちの知らない意識世界が存在してて、電波で繋がってるというか・・・分かる?みんなそれは潜在意識だと思ってるけど、知らないだけでそこに普通の生活があるわけ。でも、そこは私たちが言う「現実の世界」とは時間軸も空間性も全く違う世界なわけ。だから、有り得ないことばかりで「これは夢だ」と思ってしまうの。つまり、あの少年も実は現実にいて、本人のまま意識の世界と現実の世界をワープしてるの。だから、朝目が覚めると地球のどこかで私みたいに「なんか俺知らない人のオーラを見る夢みた~」って思ってたりして。例えば友達の夢を見て、友達は「あなたの夢なんて見なかったわよ」と言うかも知れないけど、それは覚えてないだけかも知れない・・・とか、そんなことを明方いろいろ考えてた(笑)。夢って不思議~、ていうか、そんなこと考える自分の脳も不思議~(爆)。


2010年4月15日(木)

画像-0006


2010'04'24(Sat)  sub :: 2010年4月の管理人日記*  管理人日記*

 
Mini Board
 NAME
 URL


パスワード 
[管理者に秘密文書送信→チェック]  
Comment

com:7件 ┘

Trackback

送信不可 ┘

Category  
Archive  
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。