**
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)  sub :: スポンサーサイト*  スポンサー広告*

 
Mini Board
 NAME
 URL


パスワード 
[管理者に秘密文書送信→チェック]  
Comment

投稿不可 ┘

Trackback

送信不可 ┘

Category  
Archive  
Search
豪徳寺

豪徳寺は招き猫発祥の地と言われているそうです。そんなお寺が世田谷に、しかも、うちから30分も離れてないところにあるなんて、知りませんでした。と言うわけで、5月のとある平日の休日に、一人で出かけてみました。行ってみると、本当にここが世田谷?って感じで、まるで京都か鎌倉にでも来ている様な気分に。そして、境内のあちこちに猫がいました。是非、孝天に教えてあげたいです。


IMG_3816a.jpg IMG_3821a.jpg IMG_3836a.jpg
IMG_3820.jpg IMG_3817.jpg IMG_3837.jpg IMG_3826.jpg IMG_3839.jpg IMG_3829.jpg IMG_3824.jpg
クリックしたら大きくなります

<招き猫の由来>
江戸時代に彦根藩第二代藩主・井伊直孝が鷹狩りの帰りに豪徳寺の前を通りかかった。そのときこの寺の和尚の飼い猫が門前で手招きするような仕草をしていたため寺にたちより休憩した。すると雷雨が降りはじめた。雨に降られずにすんだことを喜んだ直孝は、後日荒れていた豪徳寺を建て直すために多額の寄進をし、豪徳寺は盛り返したという。和尚はこの猫が死ぬと墓を建てて弔った。後世に境内に招猫堂がたてられ、猫が片手をあげている姿をかたどった招福猫児(まねぎねこ)がつくられるようになった。ちなみに、この縁で豪徳寺は井伊家の菩提寺となったといわれる。幕末に桜田門外の変で暗殺された井伊直弼の墓も豪徳寺にある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


2008'07'02(Wed)  sub :: 豪徳寺 *  My Photo*

 
Mini Board
 NAME
 URL


パスワード 
[管理者に秘密文書送信→チェック]  
Comment

com:4件 ┘

Trackback

送信不可 ┘

Category  
Archive  
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。