**
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--'--'--(--)  sub :: スポンサーサイト*  スポンサー広告*

 
Mini Board
 NAME
 URL


パスワード 
[管理者に秘密文書送信→チェック]  
Comment

投稿不可 ┘

Trackback

送信不可 ┘

Category  
Archive  
Search
2007年1月31日(水)
今日で1年の1/12が終わり。長かった様な短かった様な・・・。
今日、先輩に薦められてドラマ「派遣の品格」を初めて見たんだけど、面白かった~。プッと笑える感じが疲れた脳にはぴったり。でも、あの篠原涼子の役ってある意味理想だよなぁ。あぁいう風に仕事が出来る様になってみたい(笑)。今、派遣は登録者は増えているけど人材は不足してるらしい。つまりスーパー派遣レベルの人は、とっくにどこかに採用されてて、効率の良い仕事ができる人はそれほど余ってないらしい。そこそこの人が沢山いて(耳がイタイ)、企業はやっぱりスーパー派遣を望んでいて、そのギャップは大きいらしい。それで、最近のトレンドが中国やインドの若者に日本語とビジネスマナーを身につけさせて、日本に派遣することだって。で、逆に定年した日本の技術者を中国やアジアに派遣する。そういう構想がどこの派遣会社にもあるらしい。真剣に勉強している中国人の語学力やインド人の数学力は凄いからねぇ。スーパー派遣だらけだよ。どーする日本人?

以前、仕事で使ってたメール、今日から使えなくなったので新しいプロバイダーでメールを設定中。でも、受信できるのに何故か送信できない~。CSにTELしようにも、私に時間があるのは夜中だけだし・・・。もどかしい~~~。で、よしながふみの「大奥」の1巻を読んだ。なるほど、こういう話だったのか。さすがだ~。よしながふみの漫画はだいたい全部面白いし、画力もある。そして、ユーモアもあるのが私好み。で、そこかしこに漂ってるBLのニュアンスも又、いいのよね(笑)。

2007年1月30日(火)
最近、いろんな人に「新しい仕事はどう?」と聞かれる(笑)。まだ一ヶ月も経ってないので、仕事については何とも言えないけど、組織については不満~(笑)。ただただ、保証されると言うことは、時間を売ることなのだと実感。で、10年後のことを考え始めた。10年後、どうしていたいか。どうなっていたいか。そしたら、今やるべきことが、だんだん見えて来た。でも、そのこと考えたらちょっとワクワク。「夢」って大事なのね。現実的な「夢」だけど、想像したら楽しくなってくる。いくつになっても「夢」は見れるのねぇ(笑)。組織の中にいて守られているからこそ出来ることもあるし・・・、と思うと、ちょっと仕事へのやる気も変って来た。

事故で亡くなった倫倫。何故かとてもショックで悲しい。倫倫とつき合っていた仔仔も去年大きな事故を起こしているけど、仔仔は無傷でそれをきっかけに新しい恋愛を手に入れた(ことになってる)。倫倫は・・・。運命だったとしか言えないけど・・・何だかなぁ。本当に無常だなぁ。倫倫にも家族にも。

うお~、出た~「EL DIVO」!!(笑)今、テレビ(WBS)で紹介されてるよぉ~。私のブームは一日で終わったけど、そっかコンサートかぁ。日本のクラシック市場は右肩上がりなのね。

2007年1月29日(日)
今日は、振り返ってみるといろんなことがてんこ盛りの1日だった。まず明方まで長電話。朝、地下鉄に乗ろうとしたら人身事故でダイヤが乱れていた。しかも、その事故があったは私がいるその駅。住宅地で某大学があること以外は何もない普通の平和な駅。こんなところで人身事故。約束の時間より少し遅れて新宿に到着。孝天コンサートのチケットをお願いしていた阿旭迷さんとランチへ。それから彼女と分かれてスーのお誕生日プレゼントの迷子札を買いに(お転婆してて無くしたらしい)。で、夜、帰宅してスー迷さんたちとチャット。で、ネットチェックしてたら倫倫が事故で亡くなったという記事が・・・。危篤とは知ってたけど、亡くなるなんて・・・。死亡事故ではじまり、終わる一日・・・。そんな一日もあるのね・・・。

2007年1月28日(土)
昨日は終電まで仕事だった。でも、それでも何でもどーしても終わらせたかったんだな。だって、私の仕事じゃない上、それやらないと次に進めないんだもん。上司は「凄い!!予定通り!!」って喜んでたけど、私はとにかくチャッチャと終わらせたいの。今、部長の手伝いをやっていていろんな人に会う機会があるんだけど、名刺貰ってビックリ!!某メガバンクのお偉いさんが何人も・・・。で、私の名刺渡してるもんだから、私宛にメールが来たりして・・・。私は担当じゃありません~部長です~。何とかして下さい、ってな状況。私としては、来たメールに直ぐに対応できないと失礼だと思うのだけど、私は担当でない上、席外したり外出中が多くて無理。なのに・・・。次回は外して貰います。

2007年1月25日(木)
前から思ってるんだけど、シャラポアがボールをヒットする時声出すの、対戦相手うざくないのかなぁ?私はテレビで見てるだけで、イライラするのになぁ。威嚇や妨害にはならないのかしら?(笑)。

2007年1月22日(月)
日曜日、とっても嬉しいことがあった。孝天のお誕生日のお祝いということで仲良しさんたちとお食事に行ったのだけど、私のお誕生日もお祝いしてくれたの~。もう大感激。私、実はとっても照れ屋さんで(恥ずかしがり屋さんとは違います。笑)どうしていいのか分らなかったけど、本当に嬉しかった。みなさま、謝謝~。

日曜日は「マリオネット」の4、5巻を購入。ギムナジウム的少年達の絡みって、女子には一種の憧れじゃないかなぁ(笑)。主役のダニエルは「風と木の詩」のジル様や「ポーの一族」のエドガーに通じるところのある、悪魔的要素を持つ美少年。回りを取り囲むのは天使の様に純粋な少年、そして、ちょっと大人びたリーダー格の少年 etc。ギムナジウム的社会構成に、欠かせないメンバー構成。そして、必ず同性愛的友情や主従関係があるのよね。舞台がヨーロッパの貴族社会で時代も場所も遠く離れているから、おとぎ話的要素があるのがいいんだなぁ。「ベルばら」の世界とあまり変りない様な(笑)。今のBLはちょっと庶民的になって生々しくなってるし(絵もね)、夢がないと言えばないよなぁ。「マリオネット」はスリラーなんだと思うけど、間接的に主人公が大人になるにつれ人間に近くなって優しくなっていく。ちょっとそういうのストーリー的には寂しさもあるけど、ある意味リアル。そうよね、生きていくにはいろんなことを受入れなくちゃいけないの。そして、受入れれる様になると大人になる。人間も丸くなる。ダニエルは幸せな方なんだろうなぁ。でも、どうして漫画に出て来るちびっ子ってあんなに可愛いんだろう?惣領冬美の「チェーザレ」のちびっ子の時代もとーっても可愛いの。子供時代の絵を可愛く描いてあるのって好きだなぁ。可愛い子供が描かれてる漫画は捨てることができない。やっぱり子供は天使よねぇ。

2007年1月20日(土)
「デパーデッド」を見て来た。レオナルド・ディカプリオもマット・デイモンも頑張っていたけど、やっぱり「無間道」の方が良かった。ストーリーをなぞっているだけで、何だか深みがないし、人間関係も上手く描ききれてなかった。音楽もカメラも「無間道」が上。最後のシーンに出て来るあの小動物も・・・ちょっとわざとらしすぎ。スコセッシなのに・・・。監督ってやっぱり自分のオリジナルじゃないと作り込むことはできないのかもね。魂の入り方が違うだろうから・・・。やっぱり仁義、人間関係、じめっとした空気、そういうのってアジア独特なものだけど、話のキーになるものがどうも希薄で、緊迫感もイマイチだし途中眠くなった。で、端折っちゃいけないところを端折ってたりして・・・。どんな風にリメイクされているか確かめるのは面白いかも知れないけど、「無間道」を知ってるとどーも比べて後でグチじゃないけど、あーだかーだ言いたくなる。別に劇場で見なくてもいいかな。

帰りに書店に寄ると、久しぶりに「毎日晴天シリーズ」の最新作が出てたので購入。殆ど読まなくなったBLものだけど、このシリーズだけはホームドラマ的要素の方が強くてしっかり読めるので読んでる。絵も好きだし。で、これまた読まなくなった少女漫画の中でもお気に入りの「観用少女」の愛蔵版が出てたんだけど、買おうかどうか・・・。オリジナルの方、持ってるし。「観用少女」は絵は少女漫画だけど、人間の心の複雑さを描いていているんだけど、押し付ける様なところもないし絵も綺麗で好きなんだなぁ。中に何回読んでも泣いてしまうお話があるのよね。もし「観用少女」を読んで同じ話で泣く人がいたら会ってみたい。きっと考え方の基本というか一番大事だと思うものというか・・・上手く言えないけど、根本的なものが似てるんだと思うから。でも、私が「観用少女」やディズニークラシックお姫様が好きだと言うと友達は笑うのよね~。何かイメージじゃないらしい。失礼だわ~。

2007年1月19日(金)
今日は帰りに渋谷で食事。ちょっと食べ過ぎた~。で、時々ランチに行ってたカフェが、嬉しいことに夜もケーキセットが食べられることが判明。夜はお酒だけかも・・・と思っていたけど、ラストまでしっかりカフェメニューがあった。有り難いことです。渋谷って、夜、ゆっくりお茶できるところがなかなかなかったから。ちょっと駅から離れているせいか(と言っても10分もかからないけど)、金曜日の夜だと言うのに混んでもなくて静かだし、雰囲気もホテルのラウンジみたいでまったり。学生がいても大声で会話もしてないし、いつも待たずに座れるし。今度から渋谷、夜でもお茶&ケーキ、オッケーよん(←デンジャラス・・・)。

2007年1月18日(木)
今日は長い一日だった~。朝、目が覚めたら家を出なきゃいけない時間30分前。いつもだったら1時間前に起きるのに~。今日は朝から役員の研修で絶対遅刻できない。でも,地下鉄には間に合った。地下鉄は、どうしても1本前の電車に乗れないんだなぁ。あと1本早いともっと楽なのに・・・。で、9時から研修。もう眠くて眠くて。もちょっとどーかした研修してくれないかしら~。で、途中からビデオを見るんだけど、電気落してしまうもんだから、何度意識を失ったことか。で、研修が終わると、すぐに外出。今日、行ったのは石油関係の会社だったのでアラブ系のお仕事?と思っていたら、ロシアだった。今は石油より天然ガスだもんね。結構難題でこれは無理だ~、と思ってたけど部長も上司のNさんも「ロシアだったら何とかなる」って。そ、そうですか~。ロシアも面白いとは思うけど~、でも~。やっぱり台湾の担当してる人、いいなぁ・・・。で、そろそろ仕事も終わりと言う時、部長に手伝ってくれと言われ見ると18時以降の仕事。なーんか納得行かない~。最初から言っててくれればいいのに、仕事が終わる頃になって言うなんて~。でも、やったわよ。で、20時に会社を出たけど地下鉄で寝過ごしてしまって、二子玉まで行ってしまった。近所の中華やさんでソースやきそば食べて帰ろうと思ってたのにぃ~。仕方ないから二子玉で東京スープなんたらで食べて帰ろうとしたら、「このカード期限切れです」って、10日過ぎてた。スタンプ後2つだったのに・・・。もうガッカリ。散々だわよ。この時点で、午後までのことはすっかり忘れてた。家に戻って、そー言えば、今日は朝から大変だったんだよなぁって・・・。

で、やれやれでTVをつけるとN○Kの「ザ・プロフェッショナル」に浦沢直樹が・・・おぉ~!!これ予告で見て見たいと思ってたんだなぁ。良かったぁ、すっかり忘れてたから。成功する人は、漫画家もロックスターも小説家も何でも、自分の目標と哲学が揺らがない。ロックなんだな、魂が(笑)。で、浦沢氏が「自分が自分が面白くなかったらそれは面白くない」と言ってたのは何か分る気するなぁ。blogやなんちゃって小説でも、自分が書いてる時楽しくないと面白くないし、自分が面白くないと出したくないし(←生意気。笑)。って、自分とあんな天才を一緒にしちゃいかんね。對不起~。

2007年1月17日(水)
今日は会社の懇親会で、国際フォーラムの中の中華でお食事。美味しかったけど、会社関係者と食べてもねぇ・・・。今日は30人近く集まったのだけど、何とAB型が7、8人いたのには驚いた。福岡の営業所は6人のうち半分がAB型だって。どんな会社よ~。

2007年1月15日(月)
かつては成人式でおめでたく、今は孝天のBDでめでたい1月15日。そして、私もBD。そんな目出たい日にも私はがっつり残業でした。孝天、まだLAかぁ。長いねぇ。でも、きっと大好きな音楽に囲まれて幸せなBDだったんじゃないかな。

2007年1月14日(日)
今日、人参のきんぴらを作ろうと思ったらゴマがなかった。ゴマが入ってる方が美味しいのに・・・。残念。

最近、仕事が変ったせいか目を向けるものや、物事に対する感覚が変っている感じがする。いいのか悪いのか分らないけど、微妙に違ってきていることは確か。とにかく「広がり」が欲しいんだなぁ。仕事にも私生活にも私自身にも。狭い世界や小さなことに埋もれていたくないと思う。今迄もこういうことたまに考えていたけど、今考えるのは自由が少なくなったからだろうなぁ。そうか、忙しいサラリーマンはこうやって「自由」に憧れるのかぁ。

2007年1月13日(土)
昨日は、上司と3時頃まで飲んでタクシーで帰って来たのだけど、今日、目が覚めてびっくり!!何と着替えてないだけでなく、コートも来たまま寝てた(爆)。で、ヒーターが点いているのだけど、いつ点けたか憶えてない・・・。しかも、目が覚めたのも午後2時頃だし。怖い~。

今日は、夜スー迷のお友達とお食事。布陣は1V3K。ちょっとお高目の大陸料理だったけど美味しかった♪特にデザートが美味しくて、デザートとお茶だけでも十分満足できるくらい。ジャスミンティのアイスは絶品だった!!濃厚だけど甘くなくてお洒落~な大人の味。で、パンケーキも甘みも抑えてあってふんわりお上品。イチゴのデザートもお茶も美味しかった。テーブルの上いっぱいにデザートとお茶で、ティーパーティしてるみたいで楽しかったなぁ。美味しいもの食べてる時って本当にしあわせ~。孝天じゃないけど、美味しいものを食べてる時って本当に自然と笑顔になるのよねぇ。そこのお店の後、もうちょっとお話しようとお茶できるところを探したのだけど、土曜日だったせいか22時過ぎると東京駅付近はどこも閉まってて、お茶一杯がなかなか飲めないの。寒い中1時間近くも彷徨ってしまったけど、でも、それも楽しかったな(笑)。漸くフォーラム付近に落ち着き話はじめると時間も忘れて、気がつくと既に最終の時間。私、品川からタクることになってしまったけど、みんなは大丈夫だったかなぁ・・・。楽しい時間はあっと言う間に過ぎてしまうのよね。

2007年1月11日(木)
ぎゃぼ~!!「のだめ」がアニメになってる~。知らなかった~。そう言えば新年のアニメのラインナップ、チェックしてなかった。って、新年やらなきゃいけないことがなかなかできない。だって毎日眠くて眠くて・・・。OL見習いは毎日早起きして混んだ地下鉄で通勤しなきゃいけないからなかなか大変なのだわ。今日も外出の時、地下鉄で寝てしまって思わず乗り過ごしてしまいそうになってしまった。そう、今日は築地に行ったのよねぇ。うふふ。市場とは全く関係ないけど、築地ってだけで行く気満々。築地、担当したいな。でも、私の野望は台湾、中国、香港。何とか担当したいなぁ。その為に仕事を移ったってのもあるんだから。

2007年1月9日(火)
先日、映画「ウエディング・バンケット」をテレビで見た。前から興味があって見たいと思っていた作品だったけど、やっぱり面白かった。アメリカに住む台湾人のゲイの男性が、台湾から訪ねて来る両親の為、偽装結婚をする。ざっくり言うとそういう話なんだけど、嘘の結婚に耐えかねて母親に告白する息子。夫のことを思ってそれを口止めする母親。実は全てを知ってて知らないふりをし、息子の彼氏にだけそれを告白する夫。実はみんなが真実を知っているのだけど、誰もそれを言わない。黙ってそれぞれの思いに答えようとする。話はハッピーエンドなんだけど、愛する息子を理解しようとしても、受入れきれない両親の複雑な気持ちが反映されててハッピーエンドに見えない。上手いなと思った。これ、確かアン・リーだと思ったけど違ったっけ。中華圏の監督って、ゲイをよく題材に取り扱う様な気がする。あれは何なのだろう?スタンリー・クワンが中華圏の映画に見るゲイ的要素についてドキュメンタリーを撮ってたけど(「男生女相」だっけ?これによると男の友情にはゲイ的感情に近いものがあるとか・・・そんな感じのものだった)、解釈にちょっと偏見があるかな、とは思ったけど、とっても面白くて興味のあるドキュメンタリーだった。このドキュメンタリーはスタンリー・クワンのカミングアウト映画でもあるんだけど、ラストが「ウエディング・バンケット」と共通するところがある。違うのは明らかにハッピーエンドだということ。ラストでスタンリーのママが息子がゲイである心境や息子の恋人について話すのだけど、「可愛くて本当の息子みたいよ。あ、娘かしらね」って(笑)。お母さん、素敵だった。やってくれたわね、って感じで。女性が同性愛者になるより男性が同性愛者になる確立の方が高いのと、男の友情って関係あるのかなぁ?そう言えば、そう言う話をある男友達としてたら、「想像できないけど、やられるくらいならやる」って言ってたっけ(爆)。

2007年1月8日(月)
この3連休で片付けようと思ったのに、結局殆ど何もできてない・・・。だって、昨日は気分が最悪で一日中寝てたし、今日も何となく調子でなくて・・・。メールチェックも仕事の勉強もロクにしてないし。

今日、N○Kで首都高を作ってる人たちの番組やってた。鳶さんとか鉄筋組む人とかトンネル掘る人とか、みんな格好良かったなぁ。20代の若い作業員の人達も仕事に誇りを持って、目標と責任を持ってやってるのが素敵だった。それが全然嘘っぽくないの。仕事に誇りとやる気があるっていいよなぁ。仕事は堅実なものがいい。実態以上に大きく見えたり、見えないものを相手に踊らされるのは本当に空しいし疲れる。建設業とかは自分が建てたものが残って誰もが見れるのがいいなぁ。現場の人の、自分たちが作った道路や橋を眺めて嬉しそうにしている表情が印象的だった。自分の技術で勝負できる物作りって、渋くてかっこいいと思う。

2007年1月6日(土)
今日は午後まで爆睡だった。ここ数日、寝不足が続いていたからなぁ。今のペースに慣れるまでは、まだそういう日々が続きそう。で、今日は部屋を片付けながら音楽三昧だった。起きてまず自分で編集したJAZZのCD聞いて、それからN○Kでウィーンフィルの中継見て、BSで葉加瀬太郎(Tぶ~S「情熱大陸」の主題曲演奏しているヴァイオリニスト)のLIVE見て・・・。葉加瀬太郎って セリーヌ・ディオンの To Love You More のオリジナルヴァイオリニストだったとは知らなかった。でも、かっこ良かったなぁ、セリーヌのラスヴェガスLIVEでの To Love You More。まるで歌う格闘技みたいで(笑)。セリーヌってあまり好きじゃなかったんだけど(唄い上げ系はイマイチ好みじゃないので)、今日一日で好きになった。何かね、真剣勝負なのよ、一曲一曲が。To Love You More なんか前後に足を広げて腰を落して踏ん張ってるの。振りも男前よ~(笑)。声もいいし、あんな風に自在に歌えたらなぁと思った。実力よね。セリーヌはツアーの間は誰と話す時も手話なんだって。そうやって声を守る為、喉を使わない様にしてるらしい。プロね。マニアックだけど・・・。葉加瀬太郎のLIVEも良かった。場所が国際フォーラムだったから孝天を思い浮かべたりしながら見てた。で、大変だったのがその後よ・・・どこから始まったんだっけ・・・何調べてたんだか・・・それさえ忘れてしまったけど・・・とにかく、半日、IL DIVOにハマってた(笑)。久しぶりに興味をそそられたわ。最初、エルトン・ジョンのLIVEを見てたんだけど、音消しちゃって、ずーっとYou Tubeで IL DIVOを見てた。IL VIDO、私は全く知らなかったけど、日本でも既に人気はあるらしい。分る様な気がする。日本のマダ~ムたちが好きそうだもん(笑)。2月に国際フォーラムでコンサートがあるらしいけど、SOLD OUTで追加も出てるとか。見てみたいなぁ。どんなLIVEか興味津々。歌っているのはポップスのスタンダード、ジャズ、ラテン、と何でもござれなんだけど、私はもっとオペラを歌って欲しいなぁ。で、ここでもセリーヌが登場。I Believe in Youを一緒に歌ってるのだけど、このLIVEも良かったな。面白かったのはスーと同じで、世界中のTV番組が上がっているのは勿論、Fan made MVとか、ファン追っかけビデオとか、イベントやLIVEも上がってたの。サイン会の様子とかスーと全く同じだったなぁ。世界中(ヨーロッパ、北米、中米、日本、オーストラリア、ポルトガルetc)で朝早くからTV出演させられたり(演出つきで。笑)、同じ質問を繰り返し聞かれたり、みんないい大人なのにアイドル並みの扱いだから大変だろうな。私のIL DIVO研究はもうちょっと続きそう。



2007年1月5日(金)
明日、大量に本を里子に出す予定。既に軽~く250冊はある(もうちょっと増えると思うけど)。同時に、過去のいろんなものも選別して整理中。で、雑誌の切り抜きとか出て来てくるのだけど、中には、どーしても何故取ってあるのか分らなかったり(笑)。我ながら不思議なのだけど、当時は大事だったんだろうなぁ。かと思うと、逆に「うひゃ~、かっこいい~」って、今見てもやっぱりいいものもある。そういう時には、基本的な好みって変らないんだなぁと思う。でもね、いいものはいいんだと思う、いつ見ても。で、更に「はじゅかしい青い私」も出て来たりして。何かノートの切れ端に散文みたいのが書いてあって、でも、読んでたら「へぇ~」とか「ほほ~」とか思ったりして(爆)。今の私が持ってないもの(忘れたもの?)を当時の私は持ってたんだなぁ。今は絶対書かない様なこと書いてて、若いって素晴らしい(笑)。感性も基本は変らなくても表現が丸くなるのねぇ。昔は、感性が荒れてたし尖ってたもんなぁ。本当に自分が死ぬんじゃないかと思ってた時期もあったし(笑)。どこかで繋いでおかなくちゃ、みたいな感じで。私も危ない子だったのよね・・・。だから神経に支障をきたりして、苦しかった。今はあの頃を思い出そうとしても、遠くにしか思えないし、どーしてもあの頃の感覚を今の自分の中に取り戻せない。取り戻したくもないし(笑)。突き詰め過ぎると危ないのよ~、人間は。だから、その後、ぼ~っとする方を選んじゃったみたい。私、とっくに物忘れが激しくなったお年寄りみたいだもん(笑)。だから、平和なんだなぁ。

2007年1月4日(木)
あ・へぴぃぬや~!!2007年の幕開け。休みは三が日しかなかったのだけど、何をしていたかと言うと・・・。元旦は夜、何と定食屋さんのおじさんが近くまで来たからと訪ねて来てくれて、二人でファミレスでお茶(笑)。31日、会えなかったから良かった。深夜1時くらいまで話し込んで、又、近所まで来たら寄ってくれると言ってた。2日はセール。本当は休みが3日しかなかったので、どこにも出たくなかったのだけど、新しい職場に行くというのでちょっとお買い物。3日はMXTVで「名探偵ポアロ」を見ながら大掃除。31日からず~っと掃除してるんだけど未だ終わらず。でもいいの、1月中をかけて何年に1度の大掃除&整理する予定だから。でも、今年は本当にTVがつまらなかったなぁ。時代劇も見なかったし、恒例の「朝まで生テレビ」も掃除しながらだったからちゃんと見てないし、NHKのクラシックも見なかったし・・・。退屈だった・・・。

あ、そう言えば、おじさんのお店、芸能人や有名人が来てたらしい。竹中○人、浅○ゆう子、○田久子、元光ゲンジの佐○って人、31日の筋肉番付(?)に出てたプロレスラーの中○って人etc。女性は付き人と、男性は一人でふらっと来ることが多かったって。以外と業界で有名だったりして(だって、本当に安くて美味しかったから)でも、お洒落じゃない、ただの古い木造家屋で、小料理屋みたいにカウンターがあって、テーブルは1つしかないし、個室が1つあるけど、それだけ。近所のサラリーマンが仕事帰りに寄って飲んでたり、学生がジャージで来る様な(私もすっぴんで行く様な・・・)、メニューも手書きで、お茶も自分で入れる様な、お洒落でも何でもないとってもとっても庶民的なお店で芸能人が来そうなお店じゃないのに(ごめん、おじさん)。そーいうところに浅○ゆう子とか○田久子が来てたとは・・・。一度、同じ時に3人有名人がお客で来てたこともあるらしい。でも、おじさんが声をかけたり、サインを貰ったことはなくて、普通のお客さんと同じ様に接していて、どっちかというと芸能人の人達がおじさんに気軽に声をかけてたらしい(みんな気さくでいい人だけど、そのまんま○だけは横柄な態度で、「あいつだけは気に入らなかった」と言ってた。何となく分る・・・)。でも、だからみんな行っていたんだろうな。普通に扱ってくれて、普通に定食食べられるから。おじさんのお店が無くなって、本当に寂しい。

で、私は今日から仕事でした。

2007'01'31(Wed)  sub :: 2007年1月の管理人日記*  管理人日記*

 
Mini Board
 NAME
 URL


パスワード 
[管理者に秘密文書送信→チェック]  
Comment

com:66件 ┘

Trackback

送信不可 ┘

Category  
Archive  
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。